妊娠初期の飛行機移動はダメ?知っておきたいリスクや持ち物、海外旅行についても解説

多くの妊婦さんは、妊娠中に旅行することになったとき、体への影響や旅行先でのトラブルを心配すると思います。特に妊娠初期は妊婦さん自身も妊娠している状態に不慣れで、つわりもあれば、不安も大きいことでしょう。今回は、妊娠中の旅行に適している時期、妊娠初期に旅行するならどのようなリスクがあり、どのような準備をしたらよいかをご紹介します。多くのママが心配する、妊娠初期の飛行機利用についても解説します。

妊娠初期に飛行機移動が必要に…

妊娠初期は胎盤が不安定で、つわりの症状が最も重い時期と言われています。従って、遠出が辛い時期でもあるのです。しかしそのような状態であっても、飛行機移動が必要になる理由をもつプレママもたくさんいます。

そんな妊娠初期の飛行機移動についてのリスクや準備物についてご紹介していきましょう。



妊娠初期の飛行機移動はしても良い?

妊娠初期の飛行機移動に制限は無い

妊娠初期において、飛行機に乗ってはいけないという規定はありません。実際、妊娠に気づかず飛行機に乗っていたという方もいらっしゃいます。

しかし、いざ飛行機に乗ると決めた場合は事前に医師に相談するようにしましょう。

妊娠初期は流産の可能性もある時期と心得て

妊娠初期はまだまだ流産の可能性もある時期。飛行機に乗ったから必ず流産するということはありませんが、万が一流産することになってしまった場合、その原因が何にせよ飛行機に乗った自分を責めてしまうことも。

体調万全だとしても、可能性としてはあるということを意識しておきたいですね。

可能であれば「妊娠16~27週頃」に変更を

もし、日程を少し遅らせることができるなら、妊娠16~27週(妊娠中期)の方が良いでしょう。この頃になると、胎盤が安定し、つわりも落ち着く人が多いからです。飛行機に乗る場合も、未だ胎盤が不安定な妊娠初期より中期の方が安全です。赤ちゃんにとっても、プレママ本人にとっても、妊娠中最も安心して旅行できる時期と言えるでしょう。

ただし海外旅行の場合、海外旅行傷害保険の適用範囲が、妊娠27週よりも前となることがあります。その場合は、安定期で、かつ保険の適用範囲内の週数が旅行に適した時期と言えるでしょう。

妊娠初期に飛行機移動をするリスク

妊娠初期は胎盤が未だ不安定で、ちょっとしたきっかけで体調が悪化しやすい時期です。飛行機内は気圧の調節をしてあるものの、むくみやすく、乾燥しているため血液の濃度が高くなり、体に負担をかけやすい環境と言えるでしょう。

◇エコノミークラス症候群
◇つわりや気圧の変化による体調不良の対処
◇放射線
◇風邪やインフルエンザなどの感染

などのリスクが考えられます。

飛行機移動で心配な放射線

飛行機に乗る際に心配なママも多いのが放射線。飛行機に乗ると高度が上がるため、その分受ける被ばく線量は地上にいるよりも高くなります。しかし、たまに飛行機に乗る程度では胎児に影響があるとはいえないとされています。

実際の被ばく線量は、飛行機に乗る時間や距離によって大きく異なるため、どうしても心配な方は航空会社などに問い合わせる方がよいかもしれませんね。



妊娠初期の飛行機移動に持参するもの

miya.kyo

医療関係の持ち物

赤ちゃんやプレママの身に何かあればすぐに対応できるよう、医療関係の持ち物は抜かりなく持参しましょう。

◇母子手帳
◇健康保険証
◇海外旅行傷害保険証(海外の場合)
◇海外旅行傷害保険のしおり(海外の場合)

旅先でトラブルがあれば、すぐに病院にかかれるよう、母子手帳と健康保険証は必ず持参しましょう。特に母子手帳は、胎児の記録を医師が確認するだけでなく、旅先での経過を医師が記入することがあります。

※妊娠初期の場合、自治体によってはまだ母子手帳をもらえない場合があります。その場合はマタニティマークをつけておくなど、妊娠中であることが分かるようにしておくといいかもしれませんね。

体調管理のための持ち物

妊娠中の体はデリケートで、環境の変化にとても影響を受けやすいです。体調をしっかりと守れるよう、準備をして行きましょう。

◇ストールや羽織もの(脱ぎ着がしやすい服装)
◇エチケット袋
◇つわり対策グッズ
◇消毒液(感染症対策、または衛生環境に応じて)
◇着圧ソックス

食べづわりの方は何かつまめる物を準備しておくなど、つわりの症状に応じて対策できるグッズを持ち歩きましょう。

旅先では不特定多数の人が触れたものに触ることがあります。胃腸風邪やインフルエンザが流行している時期は、消毒薬で予防したほうが良いでしょう。また、海外で衛生環境の心配な地域に行く場合も、こまめに消毒することをおすすめします。

飛行機で海外へ移動する場合

保険加入は必須

海外に行く場合は、海外旅行傷害保険に加入することをおすすめします。海外旅行傷害保険のしおりには、保険会社が提携している病院のリストや、病院の紹介を受けるための緊急ダイアルが記載されています。とても参考になるので、持って行ってください。

海外旅行傷害保険には前もって加入し、保険証やそれに代わる書類を受け取ってから出発するようにしてください。

通信手段を確保しましょう

どこにいても緊急事態に連絡が取れるよう、通信手段を確保することが重要です。

◇携帯電話やスマホ
◇緊急連絡先のメモ
◇電子辞書や翻訳アプリ

国内旅行であれば、自分の携帯電話やスマホを持参すれば良いでしょう。海外の場合で、自分の携帯電話が海外仕様でない場合は、レンタルすることをおすすめします。通話機能だけの携帯電話であれば、それほど高額になることはありません。

海外旅行の場合、言葉で困ることがありますよね。多くの国の医療機関では英語が通じますが、そもそもプレママ本人が英語が得意でない場合や、英語があまり通じない国に行く場合、翻訳機能のある電子辞書やスマホの翻訳アプリがあると便利です。

出発前に医師に相談し、無理のないスケジュールで移動しよう

妊娠初期に飛行機移動する場合は必ず医師の指示を仰ごう

妊娠中に飛行機移動をすることは、少なからず母体や胎児に疲労や影響を与えるものです。心配なことがあれば、必ず出発前に主治医に相談してください。

妊娠の経過や胎児の状態によっては、ドクターストップがかかるかもしれません。その場合は、移動をキャンセルするくらいの心の余裕をもって、計画を立てるようにしましょう。

妊娠初期の飛行機移動は、ゆったりとしたスケジュールで、無理せず行うようにしましょう。特に妊娠初期の旅行は、リスクをしっかり認識し、準備や下調べを十分にして、トラブルがあっても慌てないようにしたいですね。