どれがいい?子供乗せ電動自転車の賢い選び方とおすすめ車種

歩くよりも早く、ベビーカーよりも遠くへ、普通の子ども乗せ自転車よりも力強く、車よりもお手軽に子どもとの外出を応援してくれる子ども乗せ電動自転車。数多く発売されている電動自転車の中から、何をポイントにして選べばいいのかを紹介します。あなたの外出を頼もしくサポートしてくれるはずです。

便利そうだけれど、どうやって選べばいい?

子どもを乗せてスイスイと進む電動自転車。子どもがしっかりと立てるようになったら購入を考え始めるママやパパも多いのではないでしょうか?
しかし、数ある商品の中から何に注目して選べばいいのか迷ってしまいますよね。失敗しない選び方と、おすすめの電動自転車を紹介します。



普通の電動自転車と子ども乗せ電動自転車の違いは?

普通の電動自転車でも、チャイルドシートを取りつけて子どもを乗せることができます。では子ども乗せ電動自転車は普通の電動自転車と何が違うのでしょうか?

子ども乗せ電動自転車とは、6歳以下の子どもを2人まで乗せることができる自転車のこと。普通の電動自転車は1人までです。子ども乗せ電動自転車には「幼児2人同乗基準適合車BAAマーク」がついています。

子ども乗せ電動自転車は名前の通り、子どもを乗せて走ることに特化して作られているため、メリット、デメリットがあります。子どもが1人だけの場合や兄弟の年齢差によっては、必ずしも「子ども乗せ」である必要はありません。

子ども乗せ電動自転車のメリット

・足元が広く作られているのでスカートでも安心。

・スタンド操作が軽かったり、ハンドルでロックがかけられたりと、ママには有難い機能があります。

・小さいタイヤの電動自転車を選べば転倒しにくく、また、チャイルドシートの位置が低いので子どもの乗せ下ろしが楽です。

子ども乗せ電動自転車のデメリット

・重い。頑丈な分、普通の電動自転車が23キロ程度なのに比べて、子ども乗せ自転車は30キロ程度あります。

・アシスト機能が普通の電動自転車よりも弱いです。
子どもを乗せて使っている時はそこまでスピードを出す必要が無いので問題ないですが、子どもを乗せなくなった後、普通の電動自転車として使うには少しパワーが頼りないです。

チャイルドシートは前?後ろ?

子どもを乗せるチャイルドシートの位置は子どもの身長、体重によって決まります。

・フロントチャイルドシート/ 体重15kg以下、身長100cm
・リヤチャイルドシート/ 体重22kg以下、身長115cm

出典:

www2.yamaha-motor.jp
ほとんどの子ども乗せ自転車は前にチャイルドシートがついています。子どもが小さいうちは目の届く前に座らせた方が何かと安心ですね。

また子どもを乗せる際は安全のためにも、シートベルトをしておきましょう。
使う期間の短そうな前のチャイルドシートですが、変形させてカゴとしても使うこともできます。



タイヤの大きさは?

タイヤは20インチと26インチがあります。普通の電動自転車にチャイルドシートをつけるつもりの人も、体力や運動神経に自信がないならば、なるべく20インチのものを選びましょう。

タイヤが小さいと重心が低くなり、バランスが取りやすくなります。また、タイヤが小さいとチャイルドシートの位置も低くなり、子どもの乗せ下ろしを楽にできます。購入した時には苦にならなくても、子どもは日々重くなっていきます。先のことを見越して選びましょう。

バッテリーの容量を選びましょう

バッテリーの容量は8.9Ah程度の普通サイズのものと、12Ah程度の大容量のものがあります。
普通サイズの方が車体が軽く、値段もお手頃ですが、頻繁に充電しなければならず、バッテリーの寿命も短い傾向にあります。

普通サイズのバッテリーでは一度の充電で35Km程度、大容量のバッテリーでは50Km程度使うことができます。バッテリーは900回程度充電すると交換の時期です。

バッテリーは4万円程度と安いとは言えないので、毎日長距離を乗る人や、坂道が多い場所に住んでいる人は大容量のバッテリーのものを選ぶと良いでしょう。

主要メーカーの注目商品は?

チャイルドシートの操作が楽なのは「パナソニックのギュットシリーズ」

2015年モデル Panasonic【パナソニック】 Gyutto DX【ギュット DX】 26インチ電動自転車 +純正リヤチャイルドシート(NCD366AS)
大容量のバッテリーと26インチのタイヤでグイグイ進みます。

Panasonic(パナソニック) 2015年モデル ギュット・ミニ・DX 20インチ BE-ELMD03 子供乗せ付き電動アシスト自転車 専用充電器付
大容量のバッテリーと20インチのタイヤで安定感のある走りができます。

Panasonic(パナソニック) 2015年モデル ギュットアニーズ(Gyutto ANNYS) BE-ENMA033 チャイルドシート付き電動アシスト自転車 専用充電器付
ギュットシリーズでは唯一最初から後部座席にチャイルドシートがついています。
バッテリーは普通サイズ、タイヤは20インチです。 パナソニックのギュットシリーズのチャイルドシートは乗り心地がいいことはもちろん、扱いがとても楽です。シートベルトの操作が片手かつワンタッチでできるのが嬉しい設計です。

おしゃれに乗りこなすなら「ブリジストンのHydee.II」

15年モデル ブリヂストン HYDEE.Ⅱ(ハイディツー) カラー:E.Xホワイト リヤチャイルドシート標準装備 HY685C-W タイヤサイズ:26インチ 8.7Ahリチウムイオンバッテリー搭載 専用充電器付
ブリジストンのHydee.IIはファッション雑誌のVERYとのコラボ商品で、細いフレームにマウンテンバイクのような凸凹タイヤが特徴のおしゃれなデザインです。

後部にチャイルドシートが付いているので、ある程度大きい子どもが1人の場合にもおすすめです。前にも別売りのチャイルドシートを付けることができます。バッテリーは普通サイズのもので、タイヤは26インチです。

自分好みにカスタマイズしたい人は「ヤマハのPAS Kiss シリーズ」

YAMAHA(ヤマハ)15年モデル PAS Kiss miniXL(パス キッスミニXL) PM20KXL 20インチ 12.8Ahバッテリー搭載 内装3段変速 専用急速充電器付
大容量のバッテリーと20インチのタイヤで使い勝手が良いです。

YAMAHA(ヤマハ)15年モデル PAS Kiss mini(パス キッスミニ) PM20K 20インチ 8.7Ahバッテリー搭載 内装3段変速 専用急速充電器付
お手頃な普通サイズのバッテリーと20インチのタイヤです。

YAMAHA(ヤマハ)15年モデル PAS Kiss (パス キッス) PM26K 26インチ 8.7Ahバッテリー搭載 内装3段変速 専用急速充電器付
普通サイズのバッテリーと26インチのタイヤで軽快に走れます。 ヤマハのPAS Kissシリーズはバスケットやチャイルドシートなどのアクセサリーが豊富で、自分らしく、使いやすくカスタムが楽しめます。大きなバスケットを取りつければ荷物が多い人には強い味方になります。

とりあえず、試乗してみましょう

気になる電動自転車はあったでしょうか?
自分と相性の良い電動自転車を見つけるには何よりもまず、乗ってみることです。百聞は一見にしかず。近くの自転車屋さんで、試乗させてもらいましょう。

颯爽とペダルを踏めば日々のお出かけが格段に便利に、楽しくなることでしょう。