フードプロセッサーで楽々離乳食♪とりわけで大人も満足ご飯

買ったけれど使うのは最初だけで、死蔵率の高い家電の1つと言われるフードプロセッサー。しかし、離乳食作りに大変便利なアイテムです。ひと工夫で大人用のとりわけも簡単です。どうせ使わないと購入を躊躇していた人もフードプロセッサーの魅力に触れてみませんか?

便利なアイテム、フードプロセッサー

包丁ではちょっと大変な作業をフードプロセッサーが肩代わり

フードプロセッサーは包丁ではちょっと大変な作業を素早く肩代わりしてくれます。細かく刻んだり、潰したりと何かと手間のかかる離乳食作りにとても便利なアイテムです。そして、ちょっと工夫するだけで洗い物を増やさずに大人用のとりわけもできます。
食材を潰し、最初に離乳食用を取り出し、その後に調味料を足せば大人用の料理も楽々できます。大量に作って冷凍庫でストックしておくと忙しい時に大助かりです。

フードプロセッサーは小型のものから大型のものまで、機能も価格もいろんなものがあります。購入を考えている人はどのような利用をしたいのか、どこに収納するのかをしっかり考えて選びましょう。



フードプロセッサーは大きく分けて2種類ある

フードプロセッサーには大きく分けて2種類あります。据え置き型とスティック型です。据え置き型を「フードカッター」「ミキサー」「ミルサー」、スティック型を「ブレンダー」と呼ぶことが多いですが、ここでは据え置き型とスティック型と呼びます。
機能は似ていますが、以下のような違いがあります。

据え置き型

メリット
1.パワーがあり、一度に大量の処理ができる
2.容器が固定されているので安定して使える
3.さまざまなサイズがある

デメリット
1.場所を取る
2.お手入れがやや面倒

スティック型

メリット
1.場所を取らない
2.鍋やボールに直接入れて使えるので洗い物が少ない
3.お手入れが楽
4.コードレスのものは何処でも使える

デメリット
1.一度に大量の処理はできない

フードプロセッサーを選ぶ時の4つのポイント

では、沢山あるフードプロセッサーはどのような点に注目して選べばいいのでしょうか?ただ、「便利そう」ではなく、どんな使い方をしたいのかを具体的に想像してください。

1.収納場所

ある程度重さがあって、それなりの大きさがあるフードプロセッサー。台所に出しっぱなしにしておいた方が活躍の頻度が増えるでしょう。
コードは1m程度なのでコンセントとの距離も忘れずに。スティック型ならコードレスの商品もあります。

スティック型は据え置き型より小さいですが、アタッチメントなど付属品が意外と嵩張ったりしますので、その収納場所も考えておきましょう。
もちろん、小さいお子さんの手の届かない場所であることは必須です。

2.機能

フードプロセッサーの機能は、潰す、混ぜる、こねる、おろす、千切り、微塵切り、泡立てると実に多彩です。柔らかいものから固いもの、粘りのあるものまで処理してくれます。
しかし、いくつかの機能については専用のアタッチメントや付属品、容器が必要になりますし、価格も高くなってしまいます。
特に肉や魚などの粘りのある食材の処理にはある程度パワーのある機種である必要があります。

料理が大好きな人なら多彩な機能を使いこなせるでしょうが、そうでない人はあまり欲張らず、シンプルな「潰す」「混ぜる」だけのタイプが付属品も散らばらずに使いやすいかもしれません。

3.素材

刃の素材はステンレスよりもチタンの方が丈夫で耐久性があります。
据え置き型は容器がガラスの場合、汚れやニオイが付きにくい反面、重いです。耐熱性の無いものはポタージュなどを作る時、一度冷ます必要が出てきます。
食器洗浄機対応かどうかもチェックしましょう。

4.価格

フードプロセッサーの価格は数千円のものから数万円のものまで幅広くあります。アタッチメントの数や容量で決まります。
使いこなせる商品を選びましょう。



取り分け簡単♪フードプロセッサーを使った離乳食レシピ

大人用と離乳食を一緒に作れちゃうレシピを紹介します。アレンジは無限大です。

離乳食初期からのポタージュスープ

野菜の味が楽しめるトロトロのポタージュスープは離乳食初期にピッタリです。最初に味を薄めに作っておいて、離乳食用を取り分けてから大人用に調味料を足しましょう。
調味料が溶けにくい場合はあらかじめ少量のお湯に溶かしておくと混ざりやすいですよ。
出典: http://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/d96788150fc6315c22358b009bd1c95f.html
カボチャのポタージュ
◆材料
カボチャ 1/8個
固形スープの素 1個
水 350ml
塩コショウ 少々
ドライパセリ 適量

◆作り方
1.鍋にカボチャ、固形スープの素、水を入れて強火にかけ、煮たったら火を弱めて10分位煮る。
2.(1)をフードプロセッサーでペースト状にする。中火にかけて塩コショウで味を調え、器に注いでドライパセリを散らす。

離乳食中期からのふりかけ

胡麻や鰹節、小魚や海苔やヒジキなどをパウダー状にすれば塩分控えめ栄養たっぷりの自家製振りかけの出来上がりです。ご飯にかけるほか、卵焼きに混ぜるのもおすすめです。
大人用には塩やゆかり、コンブ茶などをプラスしましょう。砕いていないジャコを入れると歯ごたえが楽しめます。
出典: http://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/bac887b247eb0df414df9cfdff5bf301.html
ワカメとお茶のふりかけ
◆材料
ワカメ(干し) 20g
緑茶 大さじ1
梅こぶ茶 小さじ1
白ゴマ 大さじ1

◆作り方
1.ワカメ、緑茶をパウダーをフードプロセッサーでパウダー状にする。
2.フライパンにワカメを入れてから煎りして水分を飛ばし、冷ましておく。
3.ボウルに(2)を入れ緑茶、梅こぶ茶、白ゴマを加えて混ぜ合わせる。

手掴み食べが始まったらハンバーグ

離乳食に向いている脂肪分の少ない挽肉って意外と手に入らないもの。フードプロセッサーなら赤身肉もささみもアッと言うまにミンチにしてくれます。
そのままそぼろとして利用してもいいですが、ハンバーグは手掴み食べの練習にもってこいです。肉ダネを混ぜる時にもフードプロセッサーを使えば手が汚れません。

大人用には離乳食用の肉だねを取り分けたあと、調味料を足して再び混ぜるか、焼いた後にソースをプラスするといいでしょう。
出典: http://erecipe.woman.excite.co.jp/series/babyfood/010.html
豆腐ハンバーグ
◆材料
絹ごし豆腐 30g
合いびき肉 20g
ニンジン 5g
ホウレン草(葉先) 1枚
サラダ油 少々
水 50ml
しょうゆ 少々

◆作り方
1. ニンジンはすりおろし、ホウレン草は柔らかくゆでて水に取り、縦横に細かく切る。
2. 絹ごし豆腐、合いびき肉、(1)を合わせてよく混ぜ、平たい丸型に整える。
3. フライパンにサラダ油を熱し、(2)を両面焼き色がつくまで焼く。焼き色がついたら水、しょうゆを加えてフライパンに蓋をし、汁気がなくなるまで蒸し焼きにする。

おすすめのフードプロセッサー

多彩な機能とパワー抜群のPanasonic フードプロッセッサー ホワイト MK-K81-W

Panasonic フードプロッセッサー ホワイト MK-K81-W
野菜の微塵切りからパン生地まで捏ねてくれます。特に、刻む機能は荒くおろす、千切り、微塵切り、スライスなどとても多彩です。
耐熱性は60℃までです。
本体サイズ:幅15.4×奥行22.5×高さ21.2cm 重量:2.8kg

コードレスでどこでも活躍のブラウン マルチクイック ハンドブレンダー 【コードレス & 1台3役 : 「つぶす」「混ぜる」「きざむ」】 MR730cc

ブラウン マルチクイック ハンドブレンダー 【コードレス & 1台3役 : 「つぶす」「混ぜる」「きざむ」】 MR730cc
コードレスなのでどこでも使えます。耐熱性もあるのでそのまま鍋に入れてもOK。
潰す、刻む、混ぜるの三役をこなしてくれます。アタッチメントを買い足すことでさらに多機能になります。
本体サイズ:幅6.4×奥行6.4×高さ39.8 重量:0.796kg

シンプルに使える山善(YAMAZEN) ミルミキサー MR-280-W

山善(YAMAZEN) ミルミキサー MR-280-W
粘り気の強いものには向きませんが、お手頃な価格で野菜や果物を潰したり、ミル機能でフリカケを作れます。
本体サイズ:幅10.0×奥行10.0×高さ24.0cm 重量:0.79kg

フードプロセッサーで楽しい食事を

フードプロセッサーは料理の幅をぐんと広げてくれます。離乳食が完了しても、毎日の食事に、オヤツに活躍の場面は沢山あります。
野菜と果物がたっぷりの新鮮ジュースも簡単に作れるので忙しいママの美容にも一役買ってくれるかもしれません。

そして、直接刃物に触れずに調理ができるので、子どもが少し大きくなったら料理のお手伝いをしてもらうのもいいかもしれませんね。いろんな食材を潰すのを楽しんでいるうちに苦手な食べ物が減っていくかもしれません。