今話題のちぎりパン♪初心者でも簡単に作れるレシピ集

SNSや口コミで話題沸騰中の「ちぎりパン」。準備する材料が多い、発酵に時間がかかる、焼き加減が難しいといったパン作りのイメージを払拭する、超簡単短時間で作れるレシピが評判。簡単なのに、アレンジ自在。キャラクターパンもあっという間に作れちゃいます。ちょっとした隙き間時間に、親子でパン作りはいかがですか?

「ちぎりパン」ってなに?

ブームのきっかけは1冊の本

SNSや口コミで大人気、書店でも平積みで売り切れ続出という話題の本、ご存知ですか?

パン型付き! 日本一簡単に家で焼けるパンレシピ 【スクウェアパン型付き】 (バラエティ)
丸型もあります。

エンゼル型付き! 日本一簡単に家で焼けるちぎりパンレシピ【エンゼルパン型付き】 (バラエティ)
本を開いてみると、「日本一簡単に焼ける」「適当でいい」「常温発酵」「ほったらかし」など、普段パン作りをしない人間にとってはにわかに信じがたいワードが並んでいますが、どうやら嘘ではなさそうです。

どうして「ちぎりパン」は簡単に作れるの?

本の著者であるBacke晶子さんは、パン作り歴17年。しかし、パン教室に通ったことも、関連する資格を取得したこともなく、独学でパン作りを追求し続けてきたそうです。
なので「ちぎりパン」には他のパン作りと違い、気軽においしく焼けるコツが詰まっています。
例えば…

●パン生地の発酵は”室温”で
パン教室などでは発酵のベスト温度は30℃以上と言われますが、この本では25℃、つまり室温で大丈夫なので、生地ができたら「ほったらかし」でOK。

●キッチンも手も汚れない
こねはじめてからは打ち粉をしないので、粉が飛び散ることはなし。材料も調理器具も少なめなので、洗い物も少なくて済みます。

パン作りに興味はあるけど、家事育児に追われ毎日忙しくてなかなかチャレンジできない、そんなママでも「これならできそうかも、やってみようかな」と思えるようなレシピです。

SNSでも初挑戦レポートが続々と!



【初級編】基本の「ちぎりパン」レシピ

基本の「ちぎりパン」

riraco.s
まずは、最もシンプルな基本のちぎりパンをご紹介。これをベースに、後述する総菜パンやデコちぎりパンにアレンジしていきます。 <材料(16個分)>
強力粉・・・280g
砂糖・・・大さじ1
塩・・・小さじ1
インスタントドライイースト・・・小さじ1
ぬるま湯(35℃前後)・・・180cc
無塩バター・・・5g ※マーガリンでもOK

<作り方>
1.ボウルに粉をふるい入れ、塩と砂糖を入れる。
2.ぬるま湯を一気にそそぎ入れ、イーストを溶かしながら全体を混ぜる。
3.生地がまとまったらバターを入れ練り込む。
4.まな板の上でこねる。生地は叩かない、のばさない、ひっぱらない。
5.生地がなめらかになったら、生地を丸めてボウルに入れラップをかけ、室温で50分放置(一次発酵)。
6.生地をまな板の上に取り出し、両手でパン生地を押さえてガス抜きしたあと、やさしく丸め直す。
7.生地を16分割し、丸めたらまな板の上に並べ、濡らした布巾を被せて10分放置(ベンチタイム)。
8.6と同様、ガス抜き&丸め直す。
9.本に付属されている型に並べ、室温で40分放置(二次発酵)
10.190℃のオーブンで15分焼き、完成!
(材料及び作り方は、「日本一簡単に焼けるパンレシピ」を参照させて頂きました) 尚、ホームベーカリーを使ったり、レンジ発酵するなどして、更に時短&簡単に作る方法もあるようです。以下のレシピ集を参照しながら、自分に合った作り方を探してみてくださいね。

【応用編】具材を加えて簡単アレンジ!色々な「ちぎりパン」レシピ

基本生地に具材を加えるだけで、様々なバリエーションのパンを作ることができます。
用途や家族の好みに合わせて、アレンジを楽しんでみてはいかがですか?

バナナとナッツのちぎりパン

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/13460/blog/15111734
【基本生地+●バナナ+●ナッツ】で、子供が大好きな味にアレンジ!

<プラス材料>
バナナ・・・1本
ナッツ・・・適量

<作り方>
2.でバナナを混ぜ込む
4.でナッツを混ぜ込む

その他は「基本のちぎりパン」レシピと同様

関連レシピはこちら

メープルとクルミのちぎりパン

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/35532/recipe/957704
【基本生地+●メープルシロップ+●クルミ】で、甘く香ばしく。

<プラス材料>
メープルシロップ・・・65g
ローストクルミ・・・55g

<作り方>
2.でメープルシロップを混ぜ込む
4.でクルミを混ぜ込む

その他は「基本のちぎりパン」レシピと同様

関連レシピはこちら
(リンク先のレシピでは、生地作りにホームベーカリーを使用)

チョコシナモンロールちぎりパン

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/136104/recipe/956997
【基本生地+●チョコチップ+●シナモン】で、簡単スイーツパンの出来上がり!

<プラス材料>
チョコチップ・・・40〜50g
シナモン・・・大さじ2〜3
ローストアーモンド・・・適量
粉糖+水(アイシング)・・・適量

<作り方>
8.でチョコチップとシナモンを混ぜ込む
10.焼き上がったら、アーモンドとアイシングを散らす

その他は「基本のちぎりパン」レシピと同様

関連レシピはこちら

お野菜ちぎりパン

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/173238/blog/15504108
【基本生地+●野菜ペースト】で、野菜が苦手な子供もパクパク進むカラフルパンに!

<プラス材料>
野菜ペースト(紫芋、ほうれん草、人参、カボチャ)・・・20g
※野菜をそれぞれ柔らかくゆでて潰す。水分は軽く切る。野菜パウダーでも代用可。

<作り方>
4.で生地を4等分し、それぞれに野菜ペーストを混ぜ込む

その他は「基本のちぎりパン」レシピと同様

関連レシピはこちら

オニオンチーズちぎりパン

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/120912/blog/15495402
【基本生地+●オニオン+●チーズ】で、風味豊かな総菜パンはいかがですか?

<プラス材料>
玉ねぎの粗みじん切り・・・100g
チーズ・・・適量
ケチャップ・・・適量
マヨネーズ・・・適量
パセリ・・・適量

<作り方>
2.で玉ねぎを混ぜ込む
9.で並べたパン生地の上にチーズ、ケチャップ、マヨネーズを乗せる
10.焼き上がったら、パセリを散らす

その他は「基本のちぎりパン」レシピと同様

関連レシピはこちら

カボチャちぎりパン

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/41774/blog/13579645
【基本生地+●カボチャ】で秋の味覚を存分に。さつまいもや栗でもいいですね。

<プラス材料>
カボチャ・・・120g
カボチャの種・・・適量

<作り方>
2.で茹でたカボチャを混ぜ込む
9.で並べたパン生地の上にカボチャの種を散らす

その他は「基本のちぎりパン」レシピと同様

関連レシピはこちら
(リンク先のレシピでは、生地作りにホームベーカリーを使用)

ちぎりパンサンドウィッチ

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/20558/blog/13170660
基本のちぎりパンを焼いたあとに、好きな具材を挟んでサンドウィッチに!行楽弁当としてもオススメです。

<プラス材料>
お好みのサンドウィッチ具材・・・適量

<作り方>
10.焼き上がったらパンに切り込みを入れ、好きな具材を挟む

その他は「基本のちぎりパン」レシピと同様

関連レシピはこちら



【応用編】子供が絶対喜ぶ、「デコちぎりパン」レシピ

デコ弁よりも簡単?!子供の大好きなキャラクターや動物で、デコちぎりパンを作ってみよう!ハロウィンやクリスマスなど、イベントごとにもピッタリです。

リラックマ&コリラックマのちぎりパン

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/8860/blog/15457106
初挑戦は、クマが簡単でオススメです。2種類の味を楽しめる、かわいすぎるキャラクターパン。

<プラス材料>
ミルクココア・・・20g
チョコペン(黒、白、ピンク、黄色)・・・適量

<作り方>
2.で生地を2等分し、片方にミルクココアを混ぜ込む
9.で型に生地を並べる際、小さく丸めた生地でクマの耳部分を追加
10.焼き上がったら、チョコペンで顔を描く

その他は「基本のちぎりパン」レシピと同様

関連レシピはこちら

ハローキティのちぎりパン

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/8860/blog/15470708
世界的大人気のキャラクターも、あっという間にできます。
プラス材料と作り方は上のリラックマちぎりパンと同様で、顔をハローキティにするだけ。

関連レシピはこちら

ハンバーガーちぎりパン

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/87274/blog/15501683
具材を挟んで目をつけるだけで、超簡単に高クオリティのデコちぎりパンが完成!

<プラス材料>
小さく焼いたハンバーグ・・・16個
スライスチーズ・・・4枚
レタス・・・適量
ケチャップ・・・適量
海苔・・・適量

<作り方>
10.焼き上がったらパンに切り込みを入れ、具材を挟む。チーズと海苔で目を作る。

その他は「基本のちぎりパン」レシピと同様

関連レシピはこちら

ハロウィンちぎりパン

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/87274/blog/15512725
ハロウィンシーズンに最適!ホームパーティーにぜひ。

<プラス材料>
カボチャ・・・約70g
ココア・・・小さじ2
板チョコ・・・約1枚
チョコペン(黒)・・・1本

<作り方>
4.で生地を3等分し、それぞれにカボチャ、ココアを混ぜ込む
7.で生地を丸める際、中に砕いた板チョコを入れる
10.焼き上がったら、カボチャやナイトメア、クモの巣などを描く

その他は「基本のちぎりパン」レシピと同様

関連レシピはこちら

クリスマスリースちぎりパン

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/9783/blog/15521630
抹茶を加えて丸型で焼けば、クリスマスリースの出来上がり!デコレーションは子供たちの出番?

<プラス材料>
Blendystick(抹茶オーレ)・・・2本
粉砂糖・・・適量
チョコペン(赤、白)・・・1本

<作り方>※丸型を使用
1.で抹茶を混ぜ込む
10.焼き上がったら、粉砂糖やチョコペンで飾り付ける

その他は「基本のちぎりパン」レシピと同様

関連レシピはこちら
(リンク先のレシピでは、発酵の際にレンジを使用)

トトロのちぎりパン

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/154237/blog/15473589
こちらのレシピは型の代わりにスキレットを使用。型にはまらず、自由な発想で。

<プラス材料>
ココア・・・小さじ1程度
チョコペン(黒、白)・・・各1本
*卵・・・50g
*砂糖・・・25g
*薄力粉・・・50g
*ベーキングパウダー・・・ひとつまみ
*牛乳・・・大さじ1/2
*バニラエッセンス・・・少々

*はトトロに使用するクッキー生地

<作り方>※スキレットを使用
7.で生地を等分する際、ココアを入れてまっくろくろすけを作る
*の材料を混ぜてクッキー生地を作る
9.でスキレットに生地を並べ、胴体部分にクッキー生地を乗せる
10.焼き上がったらチョコペンで顔を描く

その他は「基本のちぎりパン」レシピと同様

関連レシピはこちら

ダッフィーのちぎりパン

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/172208/recipe/956177
3Dちぎりパンも作れます。慣れてきたら、色々挑戦してみたくなりますね。

<プラス材料>
カレー粉・・・小さじ1
卵液・・・少々
パン粉・・・適量
スライスチーズ・・・2枚
海苔・・・適量

<作り方>※丸型を使用
1.でカレー粉を混ぜ込む
9.で生地を立体的に並べ、卵液を塗ってパン粉をまぶす
10.焼き上がったら、チーズと海苔で顔を描く

その他は「基本のちぎりパン」レシピと同様

関連レシピはこちら
(リンク先のレシピでは、生地作りにホームベーカリーを使用)

子供と一緒に作ってみよう!親子でパン作りのポイント

おままごとやママのお手伝いが大好きな子供たち。
しかし、最初はヤル気満々でスタートしたものの、「もういい」「できない」「ママやってー」とすぐに飽きてしまうこともありがちな、子供の気まぐれな好奇心。

子供の「やりたい」が最後まで継続し、完成した時の喜びを感じてもらえるよう、工夫しながら進めたいところです。

1.子供に作りたいものを選んでもらう

ゴールを自ら設定して、自分の選択に責任を持ち、最後までやりきる経験をする絶好のチャンス。

「これ作ろうよ」と一方的に提案するより、「これとこれ、どっちがいいかな」「こんなものもできそうだよ」と何パターンか準備して、最終的に何を作るか子供自身に選ばせる方が、諦めず最後まで取り組んでくれる傾向にあるようです。

2.子供のやり方を否定しない

パン作りをしていると、子供が勝手に違う材料を入れようとしたり、材料で遊びだしたり、なかなか思うようには進まないこともしばしば。
ついついイラッとしてしまうこともありますが、そこはグッとこらえたいところ。

もちろん、オーブンや包丁など、危険なものを扱う時は十分注意する必要がありますが、少しくらい分量や行程が違っても気にしないこと。
もし失敗しても、それはそれで貴重な経験。子供の豊かな発想力を認めるくらいの余裕を持って進められるといいですね。そしてパンが焼き上がった時は、思いっきり褒めてあげましょう。

3.「お手伝い」ではなく「分業」を意識してもらう

「お手伝い」というと、ママが主役で子供が補佐、という印象ですが、「分業」は、ママも子供も対等です。
簡単にできることは、極力手を出さず、思い切って全て子供に任せてみましょう。自分の貢献度合いが大きいほど、そのプロセスは子供の記憶に強く残ります。多少パンが焦げても、不格好でも、きっと納得してくれるはず。

スキマ時間に子供と一緒に作れる、ちぎりパンって楽しい!

いかがでしたか?
毎日の朝食に。子供のおやつに。持ち寄りパーティーに。運動会やピクニックに。
簡単に作れて、様々なシーンに大活躍、家族友人ウケも間違いなしのちぎりパン。

子供と一緒に楽しみながら、ぜひ一度作ってみてはいかがですか?