鉗子分娩はどんな時に使う方法なの?後遺症や発達障害の懸念とは?

分娩の手段のひとつ、鉗子分娩。通常、自然分娩中になんらかのトラブルで赤ちゃんを早くださなければ危険と判断されたときには行われます。

鉗子分娩とは?

自然分娩が難しいと判断されたときに行われる分娩法

鉗子分娩とは、トングのような専用の器具(2枚の金属製のへらを組み合わせたもの)を使って赤ちゃんの頭を両側から挟み、引っ張り出す処置のことをいいます。帝王切開の技術が発達していなかったころ、緊急時の分娩法として行われていました。通常、出産時のママのいきみにあわせて赤ちゃんが下りてくるのですが、なんらかの異常で長時間下りてこない場合があります。
その際の処置として医師の判断で鉗子分娩を行うことがあります。

鉗子分娩を行うと判断される場合

ママのいきみにあわせても、赤ちゃんが下降せずなかなか分娩が進行しない場合や、微弱陣痛などによってお産が長引いてしまい、ママの疲労が強くなってしまったりと、赤ちゃんに十分な酸素が送られなくなり、赤ちゃんの命の危険がある場合などに行われます。
また赤ちゃんの回旋異常など、やはり赤ちゃんがうまくでてこれないときには、鉗子分娩の判断をされることがあります。



鉗子分娩の方法

通常は医師の判断で必要なときにやります。

医師により産道を広げ、鉗子をいれるために会陰切開をします。
その後鉗子で赤ちゃんの頭をつかみ、ママのいきみと合わせて赤ちゃんをひっぱります。

赤ちゃんがどれくらいおりてきているかによって変わってきますが、赤ちゃんが下の方まできてくれていれば低位鉗子、まだ奥の方にいる場合は中位鉗子など分類されており、その種類によって金額などもかわってきます。
また、鉗子分娩でも難しいと判断されたときには、すぐに帝王切開に切り替えられます。

鉗子分娩のリスク

母体へのリスク

母体へのリスクとして、金属の鉗子を勢いよく動かすので、会陰、膣壁、頚管が傷ついてしまったり、尿道や膀胱の損傷、出血などが起こることがあります。

赤ちゃんへのリスク

赤ちゃんの頭を直接はさむことになるため、頭皮や顔の皮膚、目の損傷や、頭がい骨骨折、頭蓋内出血、神経麻痺など赤ちゃんに傷を負わせてしまうことがあります。
また、鉗子のリスク以前に、分娩中の低酸素によって仮死状態で生まれることにより、嘔吐、黄疸などの症状がでることなどもあります。



先輩ママの声

理解したいのは、最善策で鉗子分娩を選択されていること。

鉗子分娩は、鉗子の操作の難しさなどから、現在の日本では吸引分娩の方が率先して選択されています。また、鉗子分娩を行っても難しいと判断された場合は緊急帝王切開に切り替わることがほとんどです。
リスクを伴うとはいえ、分娩の途中での危険を回避するための最善策の手段です。
すべて医師の判断で必要となったときに行うものですし、異常分娩になる可能性は誰もが持ち合わせていますので、知識のひとつとして頭の隅にいれておければいいですね。