おしるしとは?内診後出血とは?それぞれの説明と違いについて

お産が近づくと気になるおしるし。妊婦健診の際に出血することと何が違うの?今回はおしるしと内診後出血の違いについて説明します。

おしるしとは?

おしるしはお産が近づいているサイン

お産が近づき、子宮口が少し開いたり、子宮の収縮などによって卵膜がはがれ出血することがあります。この出血と子宮頚管からでた粘液が混ざって出てきたものがおしるしです。
おしるしには個人差があります。生理のような量が出たと言う人もいれば、ほんの少し下着についただけだったという人もいます。色も鮮血のような真っ赤な色から茶色っぽい色だったなど人それぞれ違うのです。中にはおしるしが無かったと言う人もいます。

おしるしがきたからといってすぐにお産になるとは限りません。おしるしから何日も経って陣痛がくることも珍しくはありません。おしるしが来ても焦らずもうすぐお産かなと心の準備をしておきましょう。



内診後出血とは?

内診後に起こることがポイント

妊婦健診での内診が苦手という人も多いのではないでしょうか。内診は子宮口の開きや産道の状態を診るために必要なことです。その内診の際に起こるのが内診後出血です。妊娠中は膣の中がデリケートなため、少しの刺激で傷がつくこともあり、そこから出血が見られる場合があります。
また、膣内の老廃物や不要物が内診の刺激でおりものとともに出てくることもあります。内診後出血は特に珍しいことではなく、医師がどんなに気をつけていても起こり得ることです。

おしるしと内診後出血の違い

違いはタイミングで見きわめを

おしるしと内診後出血の大きな違いは、出血した後陣痛に結びつくかどうかです。おしるしの場合は数日の間に陣痛がくることが多いですが、内診後出血はお産に直接結びつくものではありません。おしるしと内診後出血を見た目で区別するのは難しいですが、内診後出血はその名前の通り内診後に起こることなのでおしるしとは違うと考えてよいでしょう。
しかし、内診後出血はあまり量が多くありません。量が多い場合はおしるしの可能性が高くなります。どちらの出血も体内に出てきた血が出きってしまえば出血は止まります。

内診後の出血は珍しいことではないとお伝えしましたが、あまり長引く場合や量が多いなど気になることがある場合は主治医に相談してください。さらさらと流れるように出続ける場合は注意が必要なこともあります。



おしるしに関する先輩ママの声

おしるしの場合はもうすぐお産!落ち着いて過ごしましょう

内診後出血とおしるしの違いについて説明しましたが、内診の刺激による出血、その後陣痛がきたという人も中にはいます。臨月になるとおしるしが出ることも多くなります。おしるしがきても慌てず、陣痛がくるのを落ち着いて待ちましょう。もうすぐ可愛いわが子に会えますね!