出産手当金ってなに?申請期間と申請方法について

「出産手当金」って名前は聞いたことがあるけど、そもそも自分が支給の対象者なのか?申請方法や支給額はいくらなのか?などわからないことも多いですよね。出産退職を考えている方は、たった1日の違いで支給されないこともあるので要注意です!今回は働くママを助けてくれる「出産手当金」についてご紹介します。

出産手当金とは?

産前産後でも、ママが安心して休養できるようにするための制度

仕事をしているママが出産する場合、出産予定日前の42日間と出産後の56日間は仕事を休みすることになるかと思います。
しかし、約3ヶ月もの間働かなければ、もちろんお給料は出ないので、生活が苦しくなってしまうこともあるかもしれません。
出産のために仕事を休み、給料を受けられないときお給料が出ない産前産後の生活を支えるための制度が「出産手当金」です。
出産手当金があることで、産前産後でも安心して休養することができますね。
働くママは必ず受け取れるように、産休に入る前に申請方法を確認しておきましょう。



出産手当金の対象者

1.健康保険に1年以上加入している

出産手当金がもらえるのは、フルタイムで働く正社員だけと勘違いをしている方も多くいらっしゃいますが、契約社員や派遣社員、パートの方でも”健康保険に1年間加入”していればもらえるんですよ!
逆にフルタイムで頑張って働いていたとしても、健康保険に加入していない場合は受け取ることができません。
また、国民健康保険に加入している場合も受け取ることができないので注意してくださいね。

2.退職日が出産(予定)日の42日以前で、退職日に出勤していない

まずは、出産手当金が支給される例とされない例を見ていきましょう。

◆例1◆
・退職日    :5月 1日
・出産(予定)日:6月11日
・退職日に出勤していない

この場合、5月1日から6月11日までちょうど42日で、受給要件を満たしてます。

◆例2◆
・退職日    :5月 1日
・出産(予定)日:6月11日
・退職日に出勤している

この場合も、5月1日から6月11日までちょうど42日で、受給要件を満たしているように見えますが、支給されません。

例1と例2の違いは退職日に出勤しているか、していないかのみです。
退職日に出勤していない例1は支給されるにもかかわらず、退職日に出勤した例2は”一切”支給されません。
その理由として、出産手当金は「出産のために仕事を休み、給料を受けられないとき」のためのものなので、出勤した場合は受給要件を満たしていないということになるからです。

出産手当金の受給要件には、「出産日または出産予定日より42日以内(多胎の場合は98日)に退職をしていて、退職日に労務についていないこと」というものがあります。
つまり、「出産(予定)日の42日(多胎の場合98日)より前に退職している場合、退職日に出勤している場合は支給されない」ということです。
出産退職を考えている方は注意してくださいね。

出産予定日と出産日が違う場合は?

出産予定日と実際に出産した日が違うことはよくあることですよね。
そのため、出産手当金の支給期間は実際に出産した日を基準に変わります。

出産が予定日よりも早まった場合 ~支給額が減る

例えば、出産予定日が7月6日、出産日が7月2日のように出産が予定日よりも早まった場合はどうなるでしょう。
出産予定日の7月6日の42日前は、5月26日です。
しかし、出産日が4日早まって7月2日に産まれると、出産手当金の支給期間が7月22日からということになります。
ですが、だいたいの方が出産予定日の42日前から産休をとるので、5月22日~5月26日の間の4日間は出勤されている方がほとんどですね。
そのため、その4日間は出産手当金の支給対象外になってしまい、出産予定日よりも出産日が早まった場合は支給期間が短くなってしまいます。

出産が予定日よりも遅れた場合 ~支給額が増える

出産予定日が7月6日、出産日が7月10日のように出産が予定日よりも遅れた場合は、産休に4日早く入っていたことになりますよね。
その場合、その4日分の手当金がどうなるかというと、産前42日、産後56日にプラスして支給されます。
つまり、出産日が遅れると支給期間がその分長くなるため、支給額も増えるということです。



申請はいつまで?振り込みはいつされるの?

申請は産休開始の翌日から2年以内に

出産手当金申請の時効は、「労務不能があった日ごとに、その翌日から2年」とされています。
つまり、産休開始から2年以内ですね。

「出産手当金の申請方法【4】」でも後述しますが、出産手当金は産休が経過した日であれば申請することができるので、1日ごとの申請が可能です。
産前休暇が4月1日からの場合は、翌日の4月2日に「4月1日の分」を請求することもできるということです。
しかし、1日単位での申請は勤務先や病院側の準備が整っていないと難しいので、現実的ではないですね。

出産手当金は一般的には産後休暇終了後(出産後57日以降)に申請しますが、産前分と産後分を分けて申請する方もいらっしゃいます。
それぞれのご家庭の事情に合わせて対応してくださいね。
産前・産後の2回に分けて申請する場合、1回目の申請(産前の分)を出産後に申請すると2回目の申請(産後の分)のときに医師や助産師の証明が必要ありません。
しかし、出産前に申請した場合は、2回目に申請する際に改めて出産日を医師や助産師から証明をとる必要があります。
その際に、その都度文書料がかかる可能性もあるので、病院に確認してください。

また、2年間はさかのぼって申請することができるので、忘れていた場合は、会社の総務部や社会保険事務所に確認してみましょう。

出産手当金の振り込みは1~2ヶ月後

書類を提出してから、約1~2ヶ月後に一括で振り込まれます。
3ヶ月以上かかったということもあるので注意してくださいね。
書類提出から振り込みまでは少し時間がかかるので、申請書や添付書類は早めに準備をしておきましょう。

出産手当金の申請方法

【1】出産手当金支給申請書をもらう

まずは産休に入る前に勤務先の総務部や勤務先を管轄する社会保険事務所などから申請用紙をもらっておきましょう。
もしくは、全国健康保険協会のホームページでダウンロードすることもできます。

【2】申請に必要な添付書類を用意する

申請するときに必要なものが、申請書の他に
・賃金台帳(または給与明細書)のコピー
・出勤簿(またはタイムカード)のコピー
が必要になります。
また、役員などで賃金台帳や出勤簿がない場合は、役員会会議議事録のコピーが必要になります。
賃金台帳も出勤簿も産前産後の期間の分と産前休暇の前の1ヶ月分で、計4ヶ月分が必要になります。
勤務先の総務部で出産手当金支給申請書をもらう際に、一緒にお願いすると出してもらえますよ。

【3】申請書に記入

手当の振込先の口座などを記入するので、間違いのないようにチェックしてくださいね。
医師や助産師の署名欄などもあるので、記入してもらいましょう。
その際に、文書料として数千円かかることもあります。
また、雇用主の署名が必要な場合もあるので、そのときは勤め先にお願いしましょう。

【4】申請書を提出する

一般的には産休が終わった時点での申請になるため、産後57日以降に勤務先の総務部や社会保険事務所に提出します。
申請は産前と産後の分に分けて申請をすることもできるので、早く手当が欲しいという場合は分けてもいいでしょう。
出産手当金は、産休期間のうちすでに経過している期間は申請できます。
そのため、1日単位でも取得することができるので、産休に入った翌日からでも1日分ごとの申請ができることになります。
申請をする場所については、申請書をもらったところで確認しておきましょう。

全国健康保険協会
※こちらのサイトを参考にさせていただきました。

手当の計算方法

標準報酬日額 × 2/3 × 産休の日数

まず、標準報酬日額は標準報酬月額を30(日)で割って計算します。
標準報酬月額は、毎年4、5、6月分の3カ月分のお給料を平均した金額のことです。

例えば、単体妊娠で98日間産休をとった標準報酬月額が25万円のAさんの場合。

まず標準報酬日額を計算します。
25万円÷30日=8333.333…円
計算する際は、50銭未満の端数は切り捨て、50銭以上1円未満の端数は切り上げてくださいね。
そうすると、標準報酬日額は約8333円になります。

次に、出産手当金の1日分の金額を計算します。
8333円×2/3=5555.333…円
出産手当金の1日あたりの金額が約5555円です。

それに、産休の日数をかけると出産手当金のおおよその金額になります。
この場合は、5555円×98日=54万4390円ということになります。

※この計算はあくまでも、「おおよそ」の金額なので注意してくださいね。
加入している保険や機関によって給付金額が前後するので目安として考えましょう。

出産手当金Q&A

Q1.パパの健康保険の扶養に入っているけど、出産手当金はもらえるの?

扶養の場合は支給対象外です。
出産手当金は本人が健康保険に加入していることが条件です。

Q2.傷病手当金と一緒に受け取ることができる?

傷病手当金と一緒に受け取ることはできません。
病気や怪我などで傷病手当金を受給されている方が出産した場合は、出産手当金が優先されるため、傷病手当金の受給ができなくなります。

Q3.早産の場合も支給される?

妊娠4ヶ月以上の出産であれば、支給されます。
早産、流産、死産、人工中絶の場合でも出産手当金の支給対象となります。

Q4.産後は42日だけ休んで、そのあとすぐに復帰する場合はどうなるの?

産前と出産日から42日目までの出産手当金は支給されます。
翌日に復帰する場合は、お給料が発生するため出産手当金の支給は打ち切りになります。

Q5.産休中も会社からお給料がもらえるときはどうなるの?

お給料が出産手当金より多い場合は、出産手当金が支給されません。
逆に、出産手当金よりもお給料が少ない場合は、その差額分が出産手当金として支給されます。

Q6.退職後、半年以内に出産した場合は受給できるって聞いたけど本当?

現在の制度ではできません。
旧制度では、退職後半年までは支給対象でしたが、現在は産前42日、産後56日の間に在職している場合のみ支給されます。

Q7.産休中にボーナスが出たけど、出産手当金がもらえなくなる?

出産手当金はそのまま支給されます。
出産手当金はあくまでも、標準報酬月額を基準に計算しているので、ボーナスは関係ありません。

Q8.双子の場合、手当の金額が2倍になると聞いたのですが?

出産手当金が2倍になることはありません。
おそらく、出産育児一時金のことでしょう。
出産育児一時金は、多胎妊娠の場合人数分支給されます。

Q9.出産手当金と育児休業給付金は同時にもらえますか?

産前、産後休暇の所得補償として受給するのが「出産手当金」、育児休業中の所得補償として受給するのが「育児休業給付金」です。
受給要件に合っていれば、どちらも受給できます。 仕事からしばし離れる方も多い育休期間。この間、雇用保険から給付金がもらえることを知っていますか?育休を取得する方は、育児休業給付金の金額や手続きを必ずおさえておきましょう!

ママのための手当は他にもたくさん!

いかがでしたか?
出産前後は収入が無くなるので、出産手当金は働くママにとって嬉しい制度ですよね。
働きながら子育てをするママが知っておきたい手当のひとつです。
子どもを産んでからはお金がかかるので、もらえるものはしっかりともらっておきましょう!
「出産一時金」や「児童手当」など、出産後に受け取ることができる手当は他にもあるのでチェックしてみてくださいね。
働くママが育休をとる場合は、「育児休業給付金」の申請もお忘れなく!
出産や子育てを助けてくれる制度は、賢く活用しましょう。