8ヶ月におすすめ!離乳食レシピ8選とこの時期の進め方のポイント4つ

8ヶ月の離乳食のメインイベントは何といっても、2回食に慣れる事です。段々とペースト状から少し形が残る状態のものも食べられるようになります!赤ちゃんによっては、自分で手づかみで食べようとする子もいますよ。そんな8ヶ月の赤ちゃんにおすすめの離乳食をご紹介します。

8ヶ月の赤ちゃんは出来る事がどんどん増えます!

個人差がありますが、8ヶ月になると少しずつ以下のような成長がみられます。
・1人座りがしっかりできるようになって、ハイハイやつかまり立ちを始める赤ちゃんもいます。ハイハイはしないでつかまり立ちをはじめたり、後ろ向きにハイハイしたり、個人差があります。
・抱っこして欲しい時に手をのばしたり、自分の意思を身振りで知らせてくれるようになります。
・自分で食べたいと、食べ物や器に手をのばしてこぼしてしまったり、わざとひっくり返して遊び食いをしたり…。ママは大変なのですが、自分で食べる練習なので少し見守ってあげるといいですよ。
・指先を使った遊びが上手になります。絵本のページを自分でめくろうとしたり、何でもつかんだり引っ張ったり興味津々です。ママの携帯電話やテレビのリモコンなどのおもちゃでは無い物で遊ぶのも大好きです。
・他の赤ちゃんや小さい子どもに興味があって、遊んでいる様子を観察したり、にこっと笑いかけたりします。



8ヶ月の離乳食のポイント4つ

1)1日2回、午前と午後の決まった時間に離乳食タイムを

1日2回の離乳食タイムは本によって様々ですが、赤ちゃんの授乳の様子やママの都合の良い時間に合わせるといいです。1回目と2回目の間は4時間以上あけるようにして、極端に朝早くや夜遅くではない時間にします。1回目と2回目のどちらかの時間に家族と一緒(ママと一緒)に食べる時間があると赤ちゃんが喜びますよ。
なかなか毎日同じ時間というのは難しいですが、なるべく決まった時間に離乳食をあげて赤ちゃんの生活のリズムを整えてあげるのがおすすめです。
新しい食材にチャレンジするのは、1回目の離乳食タイムです。

2)自分で食べたい!

自分で食べたいという気持ちが強くなり、食材や器に手をのばしたり、楽しくなって遊んでしまったり!ママにとっては大変ですが、赤ちゃんが自分で食べれるようになる為の練習なので、多少は好きなようにさせてあげた方がいいです。
そうはいっても後片付けが大変なので、対策をたててママの負担を減らしましょう!床にビニールシートをひいておいたり、遊んでしまう分は赤ちゃん用に別に取り分けておいたり、手づかみで食べられるメニューを1品用意しておくのもおすすめです。

3)前歯が生えてきたら乳歯のケアを忘れずに

前歯がしっかりと生えてきます。笑うと歯がちらっと見えると本当にかわいいですよね!下の前歯から生えてくる子が多いですが、上から生えてくる子もいます。そろそろ本格的に乳歯のケアのスタートです。ガーゼで拭く方法もありますが、歯磨きに慣れてもらう為にも柄の短い赤ちゃん用の歯ブラシを持たせてあげて、ママが仕上げ用の歯ブラシで磨いてあげるのがおすすめです。赤ちゃんの歯茎は繊細なので、優しく磨いてあげてください!

4)8ヶ月の離乳食 量や固さ、授乳の目安

■固さの目安
7倍粥から5倍粥へ。赤ちゃんの様子を見ながら少しずつ水分を減らしていきます。舌でつぶせる固まで柔らかくゆでたら2~3mm位のみじん切りにします。お肉類はやや粗目にほぐします。

■1回の食事の量の目安
・炭水化物
米の場合   7倍粥~5倍粥を60g~80g(大4~大5位)
パンの場合  20g(耳をとった6枚切りの食パン1/3位)
・ミネラル
野菜・果物  30g(大2位)
・タンパク質(タンパク質を複数とる場合は各々の量を減らして取りすぎないように調整します。)
魚の場合   15g(お刺身なら2切れ位)
肉の場合   15g(ささみなら1/4位)
豆腐の場合  40g(大2位)
卵の場合   全卵1/3位
乳製品の場合 ヨーグルトを70g(大4位)

■授乳量
ミルクの場合、1日で200ml~220mlを4、5回位です。離乳食の後は欲しがるだけ飲ませます。
母乳の場合1日2回の離乳食の後とその他の時間、欲しがるだけ飲ませます。
まだまだ多くの栄養を母乳・ミルクからとっていますが、離乳食を沢山たべた日は少ない授乳量になる日もあります。2回食の場合、離乳食の栄養の割合は30~40%位です。

離乳食中期(7~8ヶ月)から食べられるようになる食材

8ヶ月になったら離乳食中期から食べられる食材もどんどんチャレンジさせてあげたいですね!

■7~8ヶ月頃から食べられる食材
炭水化物  コーンフレーク(無糖)、オートミール、マカロニ、スパゲッツティ等
ビタミン  茄子、きゅうり、ピーマン、アスパラガス、ねぎ、きのこ類、わかめ等
タンパク質 赤身魚、納豆、鶏肉、全卵(固ゆで)、牛乳(調理用)、ヨーグルト、プロセスチーズ等

■まだ食べられないので注意する食材
はちみつ、ごま、青魚、生魚(おさしみ)、そば、ピーナッツ、トロピカルフルーツ等 



8ヶ月におすすめの離乳食8選

1.主食 5倍粥

7倍粥から段々と5倍粥へ。赤ちゃんのモグモグの練習のために、少しずつ米の粒々を残していきます。
出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/42066/blog/13131303
5倍粥の作り方 ●材料
・ご飯  200g
・水   400g
(ご飯:水=1:2位の量です。お米で作る場合は米:水=1:5です。)

●作り方
1、鍋にご飯と水を入れ軽く混ぜたら沸騰するまで中火にかけます。
2、沸騰したら蓋をして弱火にし、15分位煮ます。(水がなくなってきたら足して下さい。)
3、器にとり軽くつぶしたら完成です。

5倍粥の作り方 by 離乳食・幼児食アドバイザー なおさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!
こちらのレシピを参考にしました。

2.主食+果物+タンパク質 りんごとカッテージチーズのオートミール

食物繊維も鉄分も豊富なオートミール。離乳食に活用したいですよね!
出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/41130/blog/11702107
離乳食にぴったり!オートミールは鉄分も豊富 ●材料
・オートミール   大1
・りんご      1/8位
・カッテージチーズ 小1
・水        適量

●作り方
1、りんごは皮をむいて3mm位のみじん切りにします。
2、耐熱容器にオートミールとりんご、ひたひた位の水を入れたらラップをして電子レンジで1分加熱します。
3、良く混ぜて器にうつし、カッテージチーズをのせたら出来上がりです。

離乳食にぴったり!オートミールは鉄分も豊富 by ゆいゆいママさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!
こちらのレシピを参考にしました。

3.炭水化物+野菜+タンパク質

中期から食べられるアスパラや鶏肉を使ったうどんです。ゆでうどんを使うのでささっと作れます。
出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/2206/blog/13206007
離乳食 7・8か月もぐもぐ期(41)@3月31日 鶏とアスパラ豆乳うどん 他 ●材料
・ゆでうどん   1/8玉(40g)
・鶏ささみひき肉 10g
・アスパラガス  5g
・豆乳      大2
・だし汁     大2

●作り方
1、アスパラは下の固い部分を切り落として皮をむき柔らかくゆでたら3mm位にきざみます。
2、うどんも3mm位にきざみ、ひき肉は茹でておきます。
3、小鍋にアスパラ以外の材料を入れて加熱し、煮立ったら火を止めて器によそります。
4、アスパラをトッピングして完成です。

離乳食 7・8か月もぐもぐ期(41)@3月31日 鶏とアスパラ豆乳うどん 他|j's kitchen

happy time
こちらのレシピを参考にしました。

4.野菜 里芋と小松菜の味噌汁

大人用の味噌汁からの取り分けメニューです。取り分けをする時は、油揚げなど油が多い食材や赤ちゃんが食べた事がない食材は、赤ちゃん用を取り分けた後に加えてください。
出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/41963/blog/13997872
★離乳食(モグモグ期)鶏肉と根菜の塩煮&里芋と小松菜の味噌和え ●材料
・味噌汁の里芋  小1/2個
・小松菜     葉の部分4枚位
・味噌汁の汁   小1
・お湯      大1

●作り方
1、小松菜は葉の部分4枚位を柔らかく茹でてみじん切りにします。
2、大人用の味噌汁から里芋を取り分け、小さく刻みます。
3、味噌汁の汁にお湯を加え里芋と小松菜も加えてひと煮たちさせたら完成です。

★離乳食(モグモグ期)鶏肉と根菜の塩煮&里芋と小松菜の味噌和え by 管理栄養士ママ まゆねさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!
こちらのレシピを参考にしました。

5.野菜+タンパク質 鮭のおろし煮

これからおいしくなる鮭と大根の離乳食です。大根おろしのとろみで魚が食べやすくなります。
出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/864/recipe/625966
鮭のおろし煮 ●材料
・生鮭     10g(皮と骨は取り除きます。)
・大根     20g(皮を除きます。)
・だし汁    大2
・水溶き片栗粉 少々

●作り方
1、大根は皮をむいて、するおろします。
2、鮭は皮と骨を取り除き茹でて、ほぐします。
3、鍋に鮭と大根おろし、だし汁を加えて煮立て、水溶き片栗粉でとろみをつけたら出来上がりです。

鮭のおろし煮 by クーピーさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!
こちらのレシピを参考にしました。

6.野菜+タンパク質 だし巻き卵風

卵黄だけで作るだし巻き卵です。卵が大丈夫になるとお料理の幅が広がりますよね!
出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/17265/recipe/371626
「だし巻き玉子風」(離乳中期) ●材料
・卵黄    1/2個分
・だし汁   大1/2
・大根おろし 小1/2

●作り方
1、耐熱容器にすべての材料を入れて混ぜます。
2、ラップなしで電子レンジで40秒位加熱します。
3、卵黄がしっかり固まったらフォークで炒り卵状にして完成です。

「だし巻き玉子風」(離乳中期) by ATSUKO KANZAKI (a-ko)さん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!
こちらのレシピを参考にしました。

7.炭水化物+野菜 人参パンケーキ

手づかみ食べのためにおすすめのレシピです。
出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/52392/recipe/776850
アレルギーフリー離乳食中期人参パンケーキ ●材料
・人参    1/3本
・米粉    40g
・片栗粉   大1
・水     100cc
・オリーブ油 少々

●作り方
1、人参の皮をむいてすりおろします。
2、ボールにすべての材料を入れて混ぜます。
3、フライパンにオリーブ油を薄くひいて、生地を小さく丸めて焼いたら完成です。

アレルギーフリー離乳食中期人参パンケーキ by りょーーーこさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!
こちらのレシピを参考にしました。

8.野菜+タンパク質 かぼちゃプリン

全卵が食べられるようになったら、こんなおやつもどうぞ。食べなれているかぼちゃの風味で赤ちゃんも喜びます。おかずとしても使えるレシピです。
出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/31931/recipe/177402

離乳中期 かぼちゃぷりん   ●材料
・かぼちゃ  10g
・全卵    1/3個
・水     10cc~

●作り方
1、かぼちゃは種と皮を取り、電子レンジで3分加熱します。
2、かぼちゃをつぶして卵と水を混ぜます。(水はかぼちゃの水分量で調整してください。)
3、カップに生地を入れて、蒸し器で5~8分位蒸したら完成です。

離乳中期 かぼちゃぷりん   by すいっぴママさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!
こちらのレシピを参考にしました。

段々とパパママと一緒が増えてきますね!

いかがでしたか?
スプーンを持ったり、食べたがったり、自分でやりたいの気持ちがどんどん芽生えてきます!いたずらしたり、お皿をひっくり返したり、こぼしたり…。この時期の赤ちゃんとの毎日は本当に大変ですよね。
でも、もう少ししたら自分で少しずつ食べられるようになります。食事の時間も大人と同じになってきますし、授乳も減ってとっても楽になりますよ。
イライラがたまってしまった時におすすめなのが、生まれたころの写真を見る事です。
こんなに小さくて寝ているだけだったのに、こんなに元気に成長してくれているんだ!って思うと、また頑張ろう!って思えるから不思議です。
良かったらためしてみてくださいね。
(※お子様によってはアレルギー症状が出る可能性があるので、お医者さんに相談下さい。)