7ヶ月の離乳食レシピ8選!この時期の進め方のポイントについて

7ヶ月になると離乳食にもだいぶ慣れてきて、赤ちゃんも上手にごっくんできるようになります。7~8ヶ月の頃は上手にごっくんできるようになった赤ちゃんが上あごと舌を使って「つぶす」をマスターする時期です。2回食になる子もいますし、食べられる食材が増えます。そんな7ヶ月の離乳食のポイントとおすすめのレシピをご紹介します。

7ヶ月の赤ちゃんの様子

7ヶ月になるとこんなことも出来るように

個人差はありますが、徐々に以下のようなことができるようになってくると言われています。

・ちょっと前のめりになりながらも支えなしで座れるようになり、1人でおもちゃで遊ぶ時間が増える。
・手の動かし方が上手になり、両手に1つずつものをもてるようになる。
・大人の真似のような事をするようになり、手をパチパチしたり、おもちゃをトントンしたりするようになる。(この姿が本当にかわいいです!)
・脳の発達により夜泣きする赤ちゃんが増える。
・パパやママと知らない人の区別がつくようになり、人見知りする赤ちゃんも。
・お座りが安定してきて、ほふく前進のようなずりばいがはじまる子もいる。もう少ししたら自分であちこち移動できるようになるので、今のうちにお家の中の安全対策をしておくのがおすすめ。



7ヶ月の離乳食の4つのポイント

1)ゴックン期の完成期

7ヶ月になっても離乳食を嫌がっていたり、体調が悪くて離乳食を中断したりしていたらまだまだ1日1回で大丈夫です。
スプーンから食べ物を取り入れて口を閉じてごっくん。液状のものを飲み込めるようになるまで赤ちゃんの練習を見守りましょう。

2)まだまだ栄養は母乳やミルクから

まだまだ母乳やミルクからの栄養が必要です。
母乳は離乳食の後も含め、ほしがる時に好きなだけ与えて大丈夫です。
ミルクは離乳食の後とそれ以外の時に1日3回くらいが目安です。離乳食が進むとミルクの量が減ってきます。哺乳瓶を使っている赤ちゃんは、乳首のサイズが変わる時期なので確認してみてください。

3)2回食に進める時のチェックポイント4つ

1、口を閉じて液状の離乳食を上手に飲み込めている。
2、1回の食事の量を合わせるとだいたい子どもサイズのお茶碗1/2位の量になっている。
3、食事の時などに自分から食べ物に手をのばしたり、食べたい意欲が大きくなってきている。
4、お座りが安定している。

こんな様子が赤ちゃんに見られたら、2回食スタートです!
2回食は午前中と午後のなるべく決まった時間に食べます。もし抱っこで離乳食をしていたら、赤ちゃんのご機嫌をみながらベビーチェアなどに座らせてご飯にしてみてください。

4)7ヶ月の固さと量の目安

■固さの目安
10倍粥から7倍粥へトロトロからドロドロ状にしていきます。舌でつぶせる固さ、プリン位の固さが目安です。
食材は柔らかくなるまで煮て、荒くつぶします。
肉などパサついて食べにくそうな食材は片栗粉などでとろみをつけてあげると、飲み込みやすくなります。

■1回の食事の量の目安
・炭水化物
米の場合、7倍粥を大3(50g位)
パンの場合、15g(6枚切り耳を取った食パン1/4位)

・ミネラル
野菜・果物 大1(20g位)

・タンパク質(複数のタンパク質を1回の食事で与える場合、各々の量を減らします。)
魚の場合、白身や赤身の魚を10g位
肉の場合、鶏肉(ささみがおすすめ)を10g位
豆腐の場合、30g位
卵の場合、卵黄を1個分
乳製品の場合、ヨーグルトを50g。チーズや牛乳は風味付け程度にします。

7~8ヶ月頃から食べられる食材

肉や乳製品など食べられる食材が増えます。色々な味や舌触りを体験させてあげて食べる喜びを赤ちゃんに伝えていきたいですよね!

■7~8ヶ月頃から食べられる食材
炭水化物  コーンフレーク(無糖)、オートミール、マカロニ等
ビタミン  茄子、きゅうり、ピーマン、アスパラガス、ねぎ等
タンパク質 赤身魚、納豆、鶏肉、卵黄(固ゆで)、牛乳(調理用)、ヨーグルト等

■まだ食べられないので注意する食材
はちみつ、ごま、青魚、生魚(おさしみ)、そば、ピーナッツ、食パン以外の脂質や糖分が多いパン等 



7ヶ月の離乳食におすすめのレシピ8選

1.主食 7倍粥

赤ちゃんが食べにくい場合は、最初の頃はすりつぶしてください。多めに作って冷凍しておくと便利です。
出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/42066/blog/13069360
7倍粥の作り方 ●分量
・70g(5回分位)

●材料
・ご飯  160g
・水   560ml

●作り方
1、お鍋にご飯と水を入れて軽く混ぜたら強火にかけます。
2、沸騰したら弱火にして蓋をします。
3、吹きこぼれないように少し蓋をずらして弱火で30分煮ます。
4、水分が飛んでねっとりしてきたら火を止めて蓋をして5分間蒸らしたら完成です。
5、1回分を器によそい、残りは冷凍します。

7倍粥の作り方 by 離乳食・幼児食アドバイザー なおさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!
こちらのレシピを参考にしました。

2.主食 トマトのミルクパン粥

パン粥はささっと作れるので朝ごはんにぴったりです。トマトの酸味がミルクの甘さで和らぎます。
出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/864/recipe/632475
トマトのミルクパン粥(モグモグ期) ●材料
・食パン  15g(耳を除いたもの6枚切り1/4枚)
・粉ミルク 80cc(表示通りに調乳したもの)
・トマト  20g
・玉ねぎ  10g

●作り方
1、パンは細かくちぎって器に入れ、表示通りに調乳した粉ミルクを注ぎます。
2、トマトは皮と種を取り除いてから刻み、玉ねぎはみじん切りにします。鍋にトマトと玉ねぎ、水大2を加えて蓋をし、とろとろになるまで煮ます。
3、1に2をのせて出来上がりです。

トマトのミルクパン粥(モグモグ期) by クーピーさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!
こちらのレシピを参考にしました。

3.主食+果物 みかん風味のさつまいもペースト

これからどんどんおいしくなるさつま芋を主食にしたレシピです。みかん果汁はりんごなどの他の果物でも大丈夫です。
出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/864/recipe/632469
みかん風味のさつまいもペースト ●材料
・さつまいも  40g
・みかん果汁  大1

●作り方
1、さつまいもは厚めに皮をむいて水にさらします。水気を切ったら鍋に入れひたひたの水で柔らかくなるまで煮て、つぶします。
2、みかんの皮をむき、薄皮も取り除いて果汁をしぼります。
3、さつまいもとみかんを混ぜたら完成です。

みかん風味のさつまいもペースト by クーピーさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!
こちらのレシピを参考にしました。

4、野菜 なすとかぼちゃのだし煮

7ヶ月から食べられるようになる食材なすを使ったレシピです。トロトロのなすは7ヶ月の離乳食にぴったりです。
出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/864/recipe/632509
なすとかぼちゃのだし煮(モグモグ期) ●材料
・なす   10g
・かぼちゃ 20g
・だし汁  1/3cup

●作り方
1、なすは皮をむいて5mm角に切ってから水にさらします。
2、かぼちゃも皮と種を取り除き5mm角に切ります。
3、鍋になすとかぼちゃとだし汁を入れて柔らかくなるまで煮たら、軽くつぶして完成です。。少しなすの食感を残すことで赤ちゃんのモグモグの練習になります!

なすとかぼちゃのだし煮(モグモグ期) by クーピーさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!
こちらのレシピを参考にしました。

5、野菜+タンパク質 ツナの根菜煮

赤身の魚が食べられるようになると便利なのがツナ缶です。離乳食には食塩・油不使用のものを選んでください。7ヶ月の場合は、写真よりも野菜やツナを細かくつぶして食べやすくしてあげて下さい。
出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/41963/blog/14037344
★離乳食(モグモグ期)パン粥 さつま芋のせ&ツナと根菜煮 ●材料
・ツナ缶         小1
・人参・玉ねぎ・大根など 大1(20g)
・根菜のゆで汁      大2
・片栗粉         少々

●作り方
1、人参などの根菜を皮をむいて、小さく切ったら鍋に入れてツナと一緒に柔らかくなるまで煮たらつぶします。茹で汁を大2とっておきます。
2、茹で汁で片栗粉をといてつぶした野菜とツナと合わせ加熱し、とろみがついたら出来上がりです。

★離乳食(モグモグ期)パン粥 さつま芋のせ&ツナと根菜煮 by 管理栄養士ママ まゆねさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!
こちらのレシピを参考にしました。

6.野菜+タンパク質 人参と鶏ささみのだし煮

7ヶ月になって少しづつタンパク質に挑戦したいという時に、鶏肉の中で1番脂肪の少ないささみはおすすめ食材です。
出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/864/recipe/632480
人参と鶏ささみのだし煮(モグモグ期) ●材料
・鶏ささみ   10g
・人参     20g
・だし汁    50cc
・水溶き片栗粉 少々

●作り方
1、人参は皮をむきみじん切りにします。
2、鶏ささみは筋を取り除いてから、細かくひき肉状に切ります。
3、鍋に人参、ささみ、だし汁を加え蓋をしたら柔らかくなるまで煮ます。最後に水溶き片栗粉でとろみを付けたら完成です。

人参と鶏ささみのだし煮(モグモグ期) by クーピーさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!
こちらのレシピを参考にしました。

7.果物+タンパク質 きなこバナナヨーグルト

手軽なタンパク質ヨーグルトは朝食やおやつに大活躍です。バナナときな粉を加えておいしく栄養もたっぷり!
出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/864/recipe/625931
きなこバナナヨーグルト ●材料
・バナナ       30g
・プレーンヨーグルト 30g
・きな粉       小1(2g)

●作り方
1、バナナはフォークの背でつぶしてピューレ状にします。
2、ヨーグルトとバナナを混ぜてきな粉をかけたら出来上がりです。

きなこバナナヨーグルト by クーピーさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!
こちらのレシピを参考にしました。

8.果物+タンパク質 りんごのミルクムース

秋のデザートにおすすめです!牛乳はまだ心配な場合水でも作れます。
出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/41963/blog/13145886
★離乳食(モグモグ期) 鶏肉と野菜の煮物&りんごのミルクムース ●材料
・りんご  小2(5mm幅の薄切り1枚)
・牛乳   大1
・粉ミルク すりきり半分
・片栗粉  適量(ひとつまみ位)

●作り方
1、りんごは皮をむいて加熱しみじん切りにします。
2、鍋にりんご、牛乳、粉ミルク、片栗粉を入れて弱火にかけます。好みの固さになったら完成です。

★離乳食(モグモグ期) 鶏肉と野菜の煮物&りんごのミルクムース by 管理栄養士ママ まゆねさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!
こちらのレシピを参考にしました。

色々な味や食感で赤ちゃんを喜ばせちゃいましょう!

いかがでしたか?
秋になって暑さもおさまり赤ちゃんも食欲が出てくる季節ですね。
7ヶ月になって食べられる食材も増えるので、色々食べさせてあげたいですよね!
ママも離乳食作りも慣れてきた頃ですが、最初は1さじからで他の食材とは混ぜないであげる。新しい食材は1回につき1種類という基本は必ず守ってくださいね。

7ヶ月の頃は、初めて風邪をひいてしまったり、夜泣きがあったりでなかなか離乳食が進まないこともあると思います。筆者の子も2回食になったのは8ヶ月の終わりでした…。それでも今ではモリモリ食べてくれるので大丈夫です。
まだまだ先は長いので焦らずのんびり離乳食を楽しんでくださいね♪